奥出雲のりんごでアップルパイ・・・2020

奥出雲町では、りんごが栽培されています。
 
毎年、三井野原の日森りんごさんで、必要最小限の農薬(自然由来の農薬中心で15回ぐらい)で作られたりんごを分けて頂き、りんごジャムやアップルパイ、焼きりんごなどを作ります。
 
ちなみに、慣行栽培の農薬回数は最低でも30回ぐらいだそうです。
 
先日は、日森りんごでアップルパイを作りました。
もちろん、マクロビオティックベースなので、バターなどの乳製品不使用
今日は、農薬は4回のみという親戚のりんごで作りました。
葉取らずのこだわりりんごです。
落下防止剤を使わないため、台風で落ちそうな時は早めに連絡があります。
 
今年は、カメムシにやられたと沢山廃棄したそうです。
勿体無い!! 
ジャムにできたのに・・・
廃棄前に言って欲しかった〜〜
 
カメムシさんが食べるりんごなら安全に決まってる。
カメムシさんも食べれない処理がほどこされてたら・・・
私の場合はそんなりんごは食べたくない!!
 
きれいで傷も無く形も一律な商品としてお店に並べるには、人間の最大限のサポートが必要。
売れるりんごにする努力があってこそ、果実農家の生計も成り立つというもの。
 
そんな大きな矛盾を感じつつ、こんな私好みのりんごを分けて頂く環境に感謝!!
 
煮りんごをタップリ詰めたアップルパイは、1ホールが直ぐに完食・・・
家族や友人知人には大好評!!
 
今年も感謝しつつ、りんご料理が楽しめそう・・・
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。