卵なしサーターアンダギー(マクロビオティックベースのレシピ)

コロナウィルスで学校が休校で外出自粛の中、元横綱若乃花のお子様達が母子でお菓子作りと話題になっていました。

その注目のお菓子は、沖縄の縁起物の揚げ菓子「サーターアンダギー」。

まずは、レシピ通り卵(平飼有精卵)を使って作ってみました。

作り方は、とても簡単なのに、素朴でやさしい味、サクサクした食感、優しいお菓子です。

そこで、マクロビオティックベースのレシピに変えてご紹介します。

薄力粉の一部に全粒粉を使い、黒糖を甜菜糖に替え、卵なしで作ります。

卵なしでも遜色なく、美味しくできます。


作り方

材 料(10~12個分)◀

  • 薄力粉       100g
  • 全粒粉薄力粉    60g
  • 甜菜糖       80g
  • ベーキングパウダー 小さじ2/3(アルミフリーを使用)
  • 自然塩       一つまみ
  • 長芋(すりおろし)  30g
  • 豆乳        大さじ3(量は調整)
  • 菜種油       小さじ1
  • 揚げ油       適量

手 順

  1. ボールにすりおろした長芋と豆乳を入れて泡だて器でとく。分量の甜菜糖を加えよく混ぜる。さらに菜種油を加えて混ぜる。
  2. 別のボールに、分量の薄力粉、全粒粉、ベーキングパウダー、自然塩をふるい入れる。2~3回ふるう。
  3. ①に②を入れて、粘りがでないようにゴムベラでサクッと混ぜる。
  4. 手に油をつけて、③の生地をピンポン玉ぐらいに丸める。
  5. 160度ぐらいの低い温度でじっくりと揚げる。

レーズンやラズベリー、くるみやアーモンドを入れてアレンジしても美味しいサーターアンダギーになります。

ドーナツの生地にしても、サクサクとして好評!!

簡単に作れるように、ホットケーキミックス粉のようにサーターアンダギーミックス粉を用意しておくとで便利です。

  • 薄力粉       100g
  • 全粒粉薄力粉    60g
  • ベーキングパウダー 小さじ2/3(アルミフリー)
  • 自然塩       一つまみ

ヴィーガン、ヴェジタリアンの方たちにも対応したレシピです。

コロナウィルスで外出を控えての毎日、手作りお菓子で家族でティータイムはいかがですか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク