小豆がおいしい!!

小豆がとってもおいしい!!
五行では「水」のこの時期、臓器はというと「腎・膀胱」です。
小豆は、腎臓を強化して、むくみをとってくれます。
先日、黒米入り玄米ご飯に小豆を入れて炊いたら、夫がことのほか
おいしいと喜んで食べてくれました。
きっと、身体が欲していたのでしょう。
舅の作ってくれた「たけじいちゃんのホクホク小豆」がおいしいこともあるのでしょう。
この小豆、農薬なしはもちろんですが、天日干しです。
何日も日にちをかけて、じっくり天日だけで乾燥しているので、甘くてホクホク感が、おいしいのです。
黒米と小豆入り玄米ご飯です。
小豆は大粒の大納言です。
おやつに善哉も作ってみました。
今回は、塩善哉。いつも甘い善哉ばかりを作っていましたが、塩味にしてみました。
これが、結構おいしいのです。
甘さが欲しかったら、後から甜菜糖をかければいいのです。
それに、自分の甘さで食べれるのでいい感じでした。
力仕事をした後などは、大目の砂糖を入れて、甘いのを頂くといいでしょう。
昨年11月に漬け込んだ沢庵も添えました。
今年は、この沢庵が大好評です。
姑に教わったやり方に私なりの改良も入っています。
少し塩の量を控え、糠の量を増やしました。
そのせいでしょう、食べた人からリクエストを頂く沢庵になりました。

色も、ウコンを少し使いましたが、感じの良い色合いになってきました。
私も毎日食べていますが、飽きません。
今年は、すぐになくなってしまいそうです。
寒い間に、味噌もつくらなくてはと思っています。
奥出雲食房では、今年から、毎月、何かしらプレゼントをつけることにしました。
今月1月は、「げんきな黒米」を100gプレゼントします。
ただし、3,000円以上ご購入の方に限定です。
3,000円以上とはいっても、それ以下の方にもそれなりにお付けします。
来月2月は、小豆を100gプレゼントします。
奥出雲食房の美味しい味噌もできています。
これも量が少ないので、販売にするかプレゼントにするか決めかねています。
舅が農薬無縁の天日干しの甘い大豆を作ってくれたお蔭です。
お米も同じく、天日干しの美味しい農薬なしのものです。
これで作ったお味噌ですから、甘さが違うようです。
こんな寒い時期、小豆がお勧めです。
ご飯に、おやつに食べていただきたいものです。
おいしい小豆を作ってくれる舅には、いつも心から感謝です。
買ってくださった方の嬉しいコメントに、舅も喜んでくれています。
うれしいコメントも舅の生きがいになっているかも知れません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク