弁天さんの花火大会の夕べ




大阪の弁天さんの花火大会の夜、古民家でのお料理を頼まれて行ってきました。
食材は奥出雲のものをすべて使って、マクロビオティックベースの郷土料理を提供しました。メインは、食材を生かした天ぷらにしました。
赤摘草やムクゲの花びらの天ぷらもめずらしくて楽しんでいただけたようでした。舞茸、エリンギ、アスパラはとっても鮮度がいいので、喜んで頂きました。
青竹を食器にしたりと、準備はとっても大変でしたが、都会の方たちに中国山脈の山懐のエネルギーを食材を通して、味わって頂けたのが何よりでした。
新鮮な食材は、手を加えすぎるとおいしさを逃してしまいます。
郷土料理に近い、自然なおいしさを提供しました。
お料理の写真を撮る暇がなくて、ここに載せることができません。
どなたかから入手したら、またの機会に載せます。
食事の後は、柴田奈穂さん西本 諭史さん のコンサートでステキな夜がふけました。
演奏会の途中で弁天さんの花火大会のフィナーレを外に出て見学し、ボストン・クリームパイのデザートの後、再び演奏会とほんとうに盛りだくさんでしたが、とってもステキな夕べでした。



30名近くの方たちと忘れることのできない最高の夕べを頂いたことに、心から感謝です。
食と音楽のコラボレーションって、素晴らしいと実感した夜でした。
ほんとうに、心から感謝です。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク