小豆、黒米入り玄米レトルト作成中です。




我家の愛犬ハッピーは、毎日黒米入り玄米を食べて2ヵ月で白内障が治りました。
まさしくマクロビ犬です。
昨夜も自分の食事が済んでいるのに、私の食べている黒米入り玄米ご飯が
欲しくておねだりしてきました。
ご飯が甘くておいしいのでおやつと勘違いしているもかも・・・・。
玄米を食べるようになって1年半になりますが、とっても元気になりました。
9歳なので高齢になるのでしょうが、ほんとうに若くて元気です。
そんな愛犬ハッピーの話から東京の知人から、是非犬用の玄米レトルトが欲しいと言われ、『無塩の小豆黒米入り玄米レトルト』を作ってもらうことになりました。
犬には汗腺がなく、塩分の排出ができないため無塩がいいのです。
もちろん、人間さまも食べれます。
人間が食べれないものを犬に与えるなんてもってのほかですから。
(ハッピーのお医者様は、「市販のペットフードはダメですよ」と言われます。
「年老いて、乳がんや子宮がんにしたいなら別ですがね」とも言われます。
「人が食べれないものを与えちゃダメですよ」とも。
とっても、無愛想な先生ですが、動物への愛情いっぱいの先生でもあります。)
材料は、
佐藤順一さんグループのお米(栽培期間中無農薬、無化学肥料)、
我家の舅が作った小豆(農薬は使っていません。もちろん化学肥料も使っていません。)、
元気な黒米(農薬散布なし、除草剤1回)
のわが奥出雲食房の安心安全な仁多米です。
・・・が、手違いがあって塩入になってしまいました。
材料を送って再制作をして頂くようにお願いしています。
1個に塩が0.3g入っているそうです。塩味は全くしません。
玄米のレトルトはいっぱいありますが、どうしても奥出雲食房の材料でとの思いで
作りました。
黒米、小豆入りなのでどちらかというと陽性の強い玄米レトルトです。
腎臓の弱っている方、疲れ気味の方には良いかも知れません。
お夜食にお茶漬けより、ずっと良いでしょう。
商品として販売しますので、どうぞ、よろしくお願いします。
また、犬も食べれる無塩の方もすぐに出来てくる予定です。
こちらも、できたら商品として紹介しますので、よろしくお願い致します。
舅の作った小豆は、粒が大きくて炊き上がりはホクホクしています。
こちらも商品として紹介しますので、よろしくお願い致します。
少しずつですが商品開発にも挑戦中です。
こらからも、奥出雲食房の応援よろしくお願いします。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク