大根の酢漬け




奥出雲でもお年寄りが沢庵漬けがめんどうになって、大根の酢漬けをする方が多くなっているようです。
私も、酢漬けをしてみました。
このレシピ、久司偕子・アヴェリーヌ夫人のご実家で教わったものです。
お茶請けにいただいて、あまりにおいしかったので、教えていただいた
レシピです。
材料
・大根 10Kg
・塩 3合(180ccで3カップ)
・砂糖 600g(私は甜菜糖を300gにしました)
・酢 3合(180ccで3カップ)
作り方
・大根を皮をむき、縦割りに切る。 大きい大根の場合はさらに上下に切って4つに切り分けても良い。
・塩で3日間下漬けする。

・砂糖と酢をタッパーに混ぜ合わせておき、そこに漬け上がった大根をいれる。

・上にラップをかけて蓋をして保存する。一週間ぐらいしたら、食べれるようになる。

白砂糖を使用するときれいな白い色、黄色の色粉を使用すると鮮やかな黄色の酢漬けができますが、私は、甜菜糖で漬けるので色はちょっと悪くなります。
でも、おいしくて、食事の度に出していただいています。
飽きることなく、ほんとうにおいしいですよ。
昨年は、大根の醤油酢漬けを紹介したことがありますが、今年はお天気がいいせいか、まだそれが食べたい、作りたいという気になりません。
もう少し寒くなって、雪が降り始めたら、食べたくなることでしょう。
この時期、大根はどんなお料理にしても、ほんとうにおいしくいただけます。
このお天気がいいときに、干し大根を作っておこうと思います。
姑からもらう野菜は、無農薬だからでしょうか、ほんとうにおいしく感じます。
人参も今年は、金時人参にこっているようで、甘くて、オレンジ色ではなく紫色の混じった深い赤色人参です。
甘さがあって、プレゼントした方からは、とっても好評です。
いつもこんなにおいしい野菜がもらえることに、心から感謝です。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク