ブルーベリーのケーキ




今年の夏、通いつめた橋本農園で摘み取ったブルーベリーでケーキを焼いてみました。
8年目のブルーベリーの木は、農薬や化学肥料の存在さえ知らず、しっかりとした
根を大地深く下ろして、地球のエネルギーをいっぱい含んで大粒の実を今年は沢山私たちに与えてくれました。
7年という周期が8年目の今年にこんなにもステキな実りをくれたのでしょうか。
生で食べるのが一番おいしいブルーベリーですが、久しぶりに帰省した息子に食べさせたくて贅沢にケーキを焼いてみました。
これは、3日前に作ったケーキです。優しい味になりました。アーモンドもたっぷりと入れてみました。
前回よりブルーベリーをたっぷり入れて作ってみました。塩も前より少し多目に入れてみました。今回は、有機レモンも入れてみました。ブルーベリーをたっぷり入れた分、木の実は一切入れませんでした。
最初に作ったケーキもおいしかったのですが、少し味を引き締めてみたくてお塩を多めにいれてみました。また、レモン果汁も少し入れてみました。夏なので、レモン果汁のさわやかさがあったほうが良い感じになりました。
甜菜糖は使用せず、メープルシロップだけで甘さをつけました。さわやかな甘さです。
ブルーベリーがプルプルして、ほんとうにおいしいケーキになりました。アーモンドもくるみも入れませんでしたが、入れた方が香ばしいかもしれませんね。
今回は、豆乳もいれず、かわりにりんごジュースを使用しました。
何度も作ると、いろいろなおいしさを見つけることができて、とても楽しいものですね。
9月上旬まで、この贅沢なブルーベリーで楽しい時間がたくさん持てそうです。
レシピは、パトリシオ先生の本を参考にしました。作りやすくて大好きな本です。
アレンジして作れるようにもなってからは、さらに参考にする機会が増えました。
島根県出身の月森さんの本もよく使用します。


   

古民家でこんなケーキを食べていただけたらいいのですが・・・・。
近いうちにブルーベリー摘み体験を企画してみたいものです。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク