嬉しいお便り




[:ニコニコ:] 最近の山陰は、雪が降って寒くて暗くて、少しいじけていました。
そんなとき、とても嬉しいお便りを頂きました。
奥出雲食房のお試しセットをご購入頂いた、お客様からのお便りです。
お試しセットは、その時々にあわせて商品が変わるのですが、
お送りしたセットは、「えっちゃんの日本一のお米」、「佐藤順一さんグループのお米」、「奥出雲食房のお米」、「横田のおいしい仁多米」を各3Cupずつと、「つぶつぶ発芽玄米もち」でした。
すごく楽しみに食べて頂いたようです。
お父さん、お母さん、小学1年のお嬢さんの3人ご家族の方でした。
アトピーのきつかったお嬢さんのために、数年前からマクロビオティックを
されていて、お嬢さんにも玄米を食べさせているのだそうですが、
いつもは、一口食べるのがせいいっぱい。
ところが「えっちゃんの日本一のお米」は、お父さんともども
「このお米、すごい」と、お代わりをされたとのこと。
「お母さん、このお米だったら毎日食べる」との要望に「ちょっと高いから、毎日はね」がお母さんのお返事。
「でもね。私は、一週間に2、3回しか玄米食べないでしょ。だから私のお米だけ、えっちゃんのお米にして!!」と懇願されたそうです。
えっちゃんのお米を食べている間、肌の調子もよく、とても体調が良かったそうです。
純粋な子供の反応ってすごいなと、こんなお便りを頂いて感じました。
私も不調の時には、えっちゃんのお米を頂きます。
一週間もすると、ほんとうに元気になれるから不思議です。
お米が自然一杯のすばらしい環境と水を運んでくれているのでしょうね。
高い高いと言っても、一杯のお茶碗の価格にしてみると思ったほど高くは
ないものです。
外で飲むコーヒーや、ちょっと頂くおやつを少し我慢したり、外食を減らしたり
すれば、少し高いお米は意外と安くつくように思います。
それで、毎日元気に過ごすことができるのであれば、なおさらですよね。
奥出雲食房の扱っているどのお米も、すばらしい環境、水ごとお届けします。
元気のでるお米、食べてみてください。
寒さを運ぶ、この雪がおいしい水を育んでいるのでしょう。
おいしい食材を育む、この環境に感謝です。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク