奥出雲の手打包丁を買いました。




横田の刀匠作の包丁が12年間使用して取っ手のところで折れてしまいました。
常に研いで使っていたので、切れ味は抜群なのに残念です。
修理に出せば、また使えると思うのですが、なかなか持っていくことができませんでした。
娘からは、有名なステンレスの包丁を勧められていましたが、
私には、ここ奥出雲で作られた包丁が相性が良くて、どうしても
他の素材の包丁を買うことができませんでした。
今回は、以前から気になっていた島根県ふるさと伝統工芸品指定
雲州忠善作の手打包丁」の万能包丁を購入しました。

すごい切れ味で最高です。さすが日本刀に使用する玉鋼の原料である
奥出雲地方で採取される真砂砂鉄を基にして造られた「ヤスギハガネ
が材料なほどはあります。
手打ちで入念に仕上げられた製品なので、まさしくマイ包丁です。
販売されているのも、一本一本全部違っていました。
怖いほど良く切れます。
油断すると指なんて飛んでいってしまいそうです。
その分、真剣に材料に向かうことができます。
お料理するときに、包丁が切れないほで情けないことはありません。
包丁が良く切れることが、私のお料理の第一条件です。
材料が良く切れると、素材の味も変わってくる気がします。
手作りの包丁って、ほんとうにいとおしい気がします。
きっと造った方の愛情がいっぱいなのでしょう。
以前のお話ですが、ニューヨークからのお客様で
「玉鋼でナイフを作ろう」というツアーが計画されたことがあったそうです。
こんな企画をまた復活させたいものです。
とにかく、こんな素晴らしい包丁が身近でいろいろ手に入る幸せに
心から感謝です。
奥出雲って、ほんとうにすごい所だなって、つくづく思います。
今年は11月に、第9回全国米・食味分析鑑定コンクールが、奥出雲町で開催されます。
郡部での開催は初めてです。
たくさんの人達に来て頂き、玉鋼の材料となる素材でできたこれらの
すごい包丁も見て頂きたいものです。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク