えっちゃんのお米が食味分析鑑定コンクールで特別優秀賞を受賞




奥出雲食房が販売しています「えっちゃんの日本一のお米(天日干し)」が「第8回全国米・食味分析鑑定コンクール」(米・食味鑑定士協会主催)で特別優秀賞(総合部門)を受賞しました。[:拍手:]
このコンクールは25日、越前市府中のパレスホテルで開かれ、玄米(2キロ)1782検体のなかから、食味計による玄米成分分析で85点以上の結果がでた39点が選抜され、「えっちゃんの日本一のお米」もこの39点の中に選ばれました。
今年もおいしいお米に仕上がっていたので期待していましたが、期待どおりの快挙にほんとうに満足です。
春から見守ってきた田んぼのお米なので、嬉しい限りです。
渡部悦義さん、おめでとうございました!!
19日(日)の「久司道夫 講演会 in 奥出雲」の前夜、講演会にいらしたえっちゃんや私たちのお客様、えっちゃんの田んぼで毎年草取りをされている4人の女性の総勢14名で近くの温泉宿「清嵐荘」に泊まりました。草取りの大変さ、完全無農薬でお米をつくる無謀なほどの厳しさなど改めてお話をお聞きして、ただただありがたいという思いがしました。
えっちゃんの田んぼの水はすぐ傍の山からの水です。山水がそのまま田んぼに入ると冷たくてお米ができにくいそうです。
えっちゃんの田んぼの水源には根わさび、葉わさび、せりなどの野草がいっぱいできています。このように水源の野草などによって冷たい水が直接田んぼに入らないようにする方法を「ぬるい」といい、東北地方ではこの方法で山水を田んぼに入れているそうです。
今年も自慢の「えっちゃんの日本一のお米」です。すばらしい環境でできた安心安全なお米です。
これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク