ぜんざいを作りました。

お餅がおいしい季節になってきました。
奥出雲食房の人気商品の「つぶつぶ発芽玄米餅」入り善ざいを作ってみました。

小豆は、昨年、舅が作った大納言です。
粒が大きくて、ほくほくという表現がぴったりの小豆です。
私は、善ざいの仕上げに一つまみのお塩の他に、お味噌も必ず入れます。
すると、こくが出て、味がやわらかくなります。
今年も、良い小豆ができています。
もちろん、農薬も化学肥料も無縁の小豆です。

取り入れて、はでで天日干しをし、選別して、洗い、それから毎日毎日
お天道様とにらめっこしながら、こうして、さらに天日干しして乾燥させます。
外と内に、出したり、取り込んだり・・・・・。
根気よく毎日取り組んで、できた小豆です。
今は、それを手でより分けています。

大豆もたくさんできています。
今年も、おいしいお味噌ができそうです。
こんなに手間暇かかるので、採算は合わないかも知れません。
でも、86歳の老人がそんなことは度外視して、安心で安全でおいしいものを
との思いで一生懸命作ってくれています。
奥出雲町の自然環境ごとお届けしたいものです。
もうすぐ、商品として販売する予定です。
どうぞ、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク