ピーマンのつぶつぶ玄米もち煮

今年初めて無農薬の野菜作りに挑戦した私です。
もう終わりと思っていたピーマンでしたが、まだまだ立派な実がどっさりとできていました。
葉っぱだけを煮ようと思っていましたが、もう少し畑にいてもらおうと思います。
この立派な肉厚のピーマン、早速、つぶつぶ発芽玄米もちと一緒に炊いてみました。

お鍋に四つ割りにしたピーマンを敷く様に並べ、上に崩したつぶつぶ玄米餅を乗せます。
お水をピーマンがかぶるぐらいいれて中火で煮ます。
ピーマンがやわらかくなり、お餅が溶けてきたら好みの味になるように、お醤油を適量いれます。
ピーマンにお餅がからんだら出来上がり!!

美味しい一品ができました。
かつて、餅米から炊く方法を教わりましたが、とっても時間がかかりました。
こちらのやり方は簡単で早く仕上がりました。
お客様にお茶うけにお出しすると、必ずレシピを聞かれる大好評のお料理です。
奥出雲食房の「つぶつぶ発芽玄米もち」、いつも助けられていますが本当に只者ではありません。
次回は、ピーマンをりんごに替えてデザートを作ってみようと思っています。
美味しい一品ができると、何時も感謝の気持ちがわいてくるから不思議です。
玄米を美味しく・・・の炊き方
身体においしい玄米

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク