玄米スープ(1)




寒くなってきたので、風邪防止のため、滋養のために玄米スープを作ってみました。
もちろん使用するお米は無農薬のもの。
今回は、奥出雲食房のお米を使用しました。

玄米を洗い上げて、一晩おきました(6時間以上おけば良い)。

こんなしっかりした狐色になるまで炒る。

1カップに対して10カップの水を入れて、水分量が2/3ぐらいから半量になるまで煮詰めます。

私の場合、ストーブにかけほっておきました。じっくりと煮えていい感じです。
ガスの青色の炎でのお料理ではなく、赤い炎でのお料理も気に入っています。

濾した後の玄米の実はこんな感じに・・・。
私は、野菜をたっぷり入れてお味噌汁を作り、そこにこれを入れて味噌仕立てのおじやでいただきました。
色々なお料理のつなぎに重宝します。

香ばしくて、身体に優しいスープができました。
身体の隅々までスーッと染みわたっていくのがわかるスープです。
飲んですぐから、身体の芯が温かくなってくる感じがします。

残りの炒り玄米は、2週間ぐらいは常温で保存出来ます。
真空パックにしたり、冷凍保存すればもっと長く保存できるでしょう。
無農薬のお米が手に入るお蔭です。
ただただ感謝!!
玄米を美味しく・・・の炊き方
身体においしい玄米




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク