たくあん漬用大根干し in  奥出雲




たくあん漬用の大根を干しました。
冷たい空っ風が吹くようになり、何でもがよく乾く寒さになってきました。
ただ、心配なのは霜が降ったときです。
家の軒下などの場合は、舅がむしろをかけたりして対処してくれます。

でも、生木の下だと霜が降りても大丈夫だそうです。昔の人の知恵なのでしょう。舅と一緒に干しました。これで2週間おいて糠漬けをします。
今年は、干し柿の皮がないのでおいしくできるかどうか気になりますが、頑張ってみます。
一度の沢山の白菜を姑がくれました。こんな時はお漬物にするのが一番。早速洗って水をきります。
お塩が多かったせいか、すぐに水が上がり、3日目で食べれるようになりました。
美味しい美味しい白菜漬けができました。奥出雲食房販売のお醤油をちょっとかけて食べるのが我が家の定番の食べ方です。
このお漬物、楽しみに待ってくれている人がたくさんいます。
今年も、お歳暮に添えてお届けします。
まずは、この無農薬の野菜たちを愛情込めて作ってくれる舅・姑に届けようと思います。
玄米ご飯には、一品のメインになるおかずとこんな漬物、梅干し、味噌汁があれば十分なご馳走です。
毎食、ほんとうに感謝していただいています。
マクロビオティックもお洒落なお料理がたくさん作られています。
ファッションのようになっているところもあります。
毎日食べるものは、こんな素食が一番身体が喜ぶように私は感じます。
食材をわざわざ買ってこなくても、自宅にあるものを中心にして食せる毎日に心から感謝です。
玄米を美味しく・・・の炊き方
身体においしい玄米




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク