よもぎのおからクッキーを作りました。




春のやわらかい新芽のよもぎがでてきました。
よもぎは、春に摘んだものが一番香りも高くてアクも少ないのでお菓子作りには最適です。
今のうちに摘んで、さっと茹であげて冷凍保存しておけば一年中使用できます。
摘んだよもぎを使って、早速、おからクッキーを作ってみました。
よもぎの香りが春を運んでくれるクッキーになりました。
レーズン入りも作ってみました。
【レシピ】
・おから・・・1カップ
・全粒粉・・・1カップ
・薄力粉・・・1カップ
・なたね油・・・大さじ4
・メープルシロップ・・・1/2カップ
・自然塩・・・小さじ1/4
【作り方】
1. おから、全粒粉、薄力粉、自然塩をボールに入れ、泡だて器でよく混ぜる。
2. 1になたね油を入れフォークで混ぜる。さらにメープルシロップを少しずつ入れて一塊にまとめる。その時にメープルシロップの量を調整する。水分が少ないようなら、豆乳または水を入れて耳たぶの固さより少し固めにまとめる。
3. 2を5センチの直径の棒状にしてラップに包み冷蔵庫で1時間ぐらい寝かす。
4. 3を冷蔵庫から取り出し、5ミリぐらいの厚さに切り分け、予熱したオーブンに入れ、190℃ぐらいで20分焼く(オーブンにより温度は調整する)。
久しぶりに焼いたクッキーでしたが好評で連日作りました。
ココアとくるみ入り、よもぎとレーズン入り、などなど、楽しくてつい作り過ぎてしましました。
美味しいクッキーに春の訪れを盛り込んで、ホッとしたティータイムが持てたことがとても幸せに思えました。
よもぎ、甘草、つくし、ふきのとう・・・春の山菜のアクは、冬に身体にため込んだ脂肪や毒素などを排泄してくれます。
食べ過ぎに気をつけるようにして、春のお料理に上手に取り入れましょう。
こんなささやかな事が日常にあることに、そして自然の恵みに心から感謝です。
玄米を美味しく・・・の炊き方
身体においしい玄米




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク