美味しい~♪♪  よもぎ餅




奥出雲の摘み取りヨモギを使用したえっちゃんのヨモギ餅
ヨモギの香りがとっても豊かです。こんなにしっかりとヨモギの香りのするヨモギ餅もめずらしい!!
えっちゃん手作りのヒメノモチという品種のもち米に、寒暖の差の大きい奥出雲のやわらかいヨモギが加わって、安心な無添加の美味しいお餅ができました。
18個入り。多いようですが、我が家ではすぐになくなってしまいます。
8個入り。お試しにはいいでしょう。
おやつの無い夕方、我が家では、このヨモギ餅を茹でて、きな粉餅にして食べています。

きな粉に甜菜糖(好みの量)とお塩を適量入れて混ぜ合わせ、茹でたヨモギ餅にまぶします。
きな粉の香りを抑えて、ヨモギのふくよかな春の香りが美味しいお餅をさらに美味しくしてくれます。
お餅の茹で方ですが、たっぷりの水に入れて、弱火でおいておきます。
意外と早く良い状態に茹で上がります。
急ぐときは、中火でお餅が浮き上がったら火を止めてしばらくおくと良いでしょう。
奥出雲食房のお餅たちは、玄米ご飯がないときや、お腹がすいた時に活躍してくれます。
冷凍保存しておけば、半年ぐらいは大丈夫です。
つぶつぶ発芽玄米もちは、すぐにやわらかくなるので、朝のお味噌汁に入れて食べてくださる方も多く感謝されています。
火を止めてお味噌を入れる前に2~3分入れておくだけでやわらかくなります。
お餅がやわらかくなったら火を止め、お味噌を入れてしあげます。
色々なお鍋料理の最後に入れてもいいようです。私は試していませんが、お客様から教えていただきました。
まだまだ寒くてお餅の美味しいときです。
常備食としていかがでしょう。
こんなに素敵なお餅を作ってくださっている方たちには、いつも本当に心から感謝です。
玄米を美味しく・・・の炊き方
身体においしい玄米




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク