豆乳プリン




今年も暑い夏でした。
残暑もまだまだ厳しい毎日です。
秋の気配もしてきて、マクロビオティックではの季節になりました。
玄米が身体にスーッとなじむのも、この時期だからといえます。
甘いものが欲しいとき、かぼちゃプリンもおいしいのですが、
ブルーベリーソース添えの豆乳プリンを作ってみました。
なかなか好評だったので、レシピを紹介します。
豆乳プリン(ブルーベリーソースかけ)

【材料】(4人分)
・豆乳 400cc
・メープルシロップ 大さじ2(好みで調整)
・寒天パウダー 小さじ1/4
・葛 小さじ1
・バニラエッセンス 適量
ソース
・ブルーベリーソースまたはジャム 適量
・水 150cc
・葛粉 小さじ1/4
・寒天パウダー 小さじ1/8
【作り方】
1. 鍋に豆乳と寒天パウダーを入れて中火にかける。焦げないように鍋底を木べらでゆっくり混ぜながら沸騰させる。沸騰したら弱火にする。
2. 水小さじ1で溶いた葛粉を何回かに分けて入れ、入れるたびに、木べらで鍋底を混ぜる。3分ほど煮たら火を止める。
3.器に入れて、冷やしておく。
ソースを作る
4. ブルーベリーソースかジャムと分量の水を鍋に入れる。少し水を取り葛粉をといて、鍋に一緒に入れる。中火にかけて、焦げないよう木べらを八の字を描くように混ぜながら煮る。とろみがつけば出来上がり。
5.冷やした4を3の上に乗せて、2~3時間冷やし固める。
私は豆乳でデザートを作るとき、どうも、豆乳の臭いが好きではありません。
それをカバーするため、いつもバニラエッセンスを使用します。
なるべくは、自然食品店で販売されたものを使ってください。
これからの時期は、かぼちゃプリンの方がいいでしょうが、こんなに残暑の厳しいときには、まだ豆乳プリンもおいしく頂くことができます。
季節の変わり目、いつまでも畑で取れるからときゅうりやトマトで体を冷やさないよう、きゅうりも佃煮にしたり、トマトも火を通してできるお料理に切り替えたりして体を季節に合わせていきたいものです。
天高く馬肥ゆる秋・・・・収穫の秋。
楽しみが一杯。
これからの季節に感謝です。
玄米を美味しく・・・の炊き方
身体においしい玄米




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク