本当のことが知りたい!! 原発事故被害




先日テレビで、7月27日の衆議院厚生労働委員会『放射線の健康への影響について』で児玉龍彦東大教授という先生が参考人招致され、スピーチされている様子が放映されていました。
この教授は、東京大学先端科学技術研究センター教授であり、東京大学アイソトープ総合センター長ということです。
その先生が、凄い形相で必死で訴えていらっしゃいました。
今、福島では熱量で見て広島原爆の29.6個分の放射線総量が漏出してること。
その他の物質の漏出、その物質についての細かい説明を訴えていらっしゃいます。
そして、先生は法を犯して放射線物質の除洗を自費でなさっていることなども訴えていらっしゃいました。
それに対する政府の対応が、現実に起こっている実態から余りにかけ離れていることを全身からの怒りを爆発させんばかりに告発されていました。
そのことは、youtubeでご覧ください。
いかがですか。
先生のお話・・・・・。
国は何をしているのでしょうか。
事故が発生したときに、きちんと情報を出して対処していればどれだけの子供達が被害を受けずにすんでことか・・・・・・。
政治を動かす男性は、子供を産むという感覚がないためにこんなにいい加減な対応しかできないのでは・・・・。
子供を産み育てる女性には、とても身近で危険を実感できるものです。
私もたまたまこの情報をテレビで見ることができたのですが、その後、この情報は一度も見ていません。
どうして、こんなに大切なことを今のメディアでは知らせてくれないのでしょうか。
私の好きなフリージャーナリストである上杉隆氏のHPにも今の政治の無策ぶり、その原因が記載されています。
最近、私は咳がよく出ます。私の周りでも咳をするというより、激しい咳き込みをする人が増えてきました。
身体が何かを感じて、一生懸命排除しているようです。
何時の日か核が落とされるのではと仕掛けられた戦争もありました。
実は、もっと身近で原爆が落とされたような状況が今なのかも知れません。
今回の原発事故ではメルトダウンしていない、またそこまで及ばないとテレビで言われていた学者の皆様は、今はまったく見なくなりました。
事の重大さを知らされることなく多くの国民が被爆していっています。
私たちは、いったいどうすればいいというのでしょうか。
諦めに近い心境に至った今、もうパニックを起こすような日本人ではありません。
真実の情報を開示して欲しい!!
せめて、すぐに、児玉龍彦東大教授のおっしゃる対策を国策として行って欲しいものです。
マクロビオティック食がどこまで通用するかは不明ですが、それでも、少しでも排泄することができればと思い、毎日、玄米菜食に心がけています。
これから子供を出産する人、また、これから成長する子供達。
どうぞ、健康で生きていけますようにと願わずにはいられません。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク