酢漬けをしてみました。




色々な野菜が採れるようになりました。
舅、姑が作ってくれる無農薬の野菜たち。
毎週週末に、もらう沢山の野菜たち。
暑くなってきて、新鮮なものほど傷みも早いので、手早い処理が要求されます。
今回は、大根で酢漬けを2種類作ってみました。
以前、長台寺の奥様から教わった酢漬けの私版。

教わったのは、拍子切りにした大根、人参、ごぼうをさっと乾煎りして、
自分で味付けした酢につけるというものでした。
今回は、大根、人参、ごぼうを別々に乾煎りし、別々に瓶に重ね入れて、
塩、みりん(「味の母」を使用・・・アルコールが入っていないので重宝)、酢で作った合わせ酢を注ぎいれて漬け込みました。
味はころあい、私の味付けです。
姑の酢の物が美味しかったので、私版酢漬けを作ってみました。
大根と20日大根を薄くスライスして瓶に入れ、前述の酢漬け同様の合わせ酢を注ぎ入れました。
20日大根の色がでて、桜色になってきれいです。
20日大根の赤色がすっかり出尽くすと、大根と区別がつかなくなります。
姑は、これに山椒の葉を入れていました。
味のアクセントになって、おいしい酢の物でした。
酢漬けには、山椒の葉を入れるのは止めておきました。
色がきれいに出ない気がしたからです。
蓋をする前に、水を入れたビニール袋を重石代わりに入れておきます。
こうすることで、漬けた野菜たちが空気にふれず、かびることはありません。
これからの季節、さっぱりした酢味のものが食欲をそそってくれます。
おかずが少ないとき、漬物が欲しいとき、箸休めの一品としても活躍してくれます。
余った野菜たちを、酢漬けにしておくと便利ですね。
それにしても、米寿の姑からは、まだまだ教わることが満載です。
こんな環境にあることに、心から感謝です。
玄米を美味しく・・・の炊き方
身体においしい玄米




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク