奥出雲多根自然博物館が・・・・・・リニューアルオープン




松江から向かうと奥出雲町の入り口、佐白にある奥出雲多根自然博物館
併設するホテルと共にリニューアル・オープンしました。
先日、映画「降りていく生き方」の前日のお食事会もこちらでした。
お料理もしやすいように、オープンキッチンになっています。
近々、こちらでも月1回ぐらいのペースで、お料理教室をさせていただきたいとお願いしているところです。
杉田かおるさんと初めてお会いして、一緒にこのホテルで泊まりました。
オープンキッチンのある6階は、レストランになったり、イベント会場になったり、お料理のセミナー会場になったり、使う人に合わせて使用できるようになっています。
暖炉もあって、田園風景が一望できる素敵な空間になっています。
先日は、レストラン・木こり屋がオープンしていました。
白山支配人が作られたそのカレーは、とっても美味しかったです。
実は白山支配人からお土産でいただいたんです。
丁寧に手づくりされたこのカレー。とっても優しい味で身体にスーッとなじんでいくカレーでした。
これなら、小さなお子様でも食べれます。
私は、一般のカレーや胡椒類を沢山使用したものを食べるとすぐに咳が出始めてしまいます。
以前は、こんなことはなかったのですが、ピュアな身体になっているからでしょうか、すぐにそんな反応をして、排泄をすぐにしているようです。
でも、このカレーでは、まったくそんな反応はなく、身体がちゃんと受け入れてくれました。
やはり、本物の自然だけのものは違うんだなと、つくづく感じました。
そして、作った人の心の温かさまで、じんわりと伝わってくるものでした。
少し、アレンジしてもいただきました。
こんにゃくをりんごジュースとお醤油で煮ていれてみました。
こんにゃくがお肉風で美味しかったです。ひよこ豆を入れてみてもいいかなとも思いました。
山菜の天ぷらをトッピングしてみました。これもなかなかいけました。
ベースのカレーが良いので、とにかく美味しかったです。
また、先日のイベントでもいただいた柿の葉茶
お番茶とは違って、また、格別の美味しさがありました。
プロビタミンCというビタミンCになる前の状態の熱に強いビタミンCがレモンの20倍、ホウレン草の10倍も含まれていて、熱湯でいただいても破壊されずビタミンCを取り込むことができるそうです。
昔、お茶が高価で飲めなかった人たちが、柿の葉でお茶を作って飲んだものだそうです。
白山支配人のカレーも、柿の葉茶もレストラン・木こり屋がオープンしていればいただけます。
お食事については、奥出雲多根自然博物館に電話を入れて確認されることをオススメします。
奥出雲にまた素敵な場所ができました。
今年の夏休みは、たくさんのお子さんに来ていただきたいものです。
私の子供達が小学生の頃は、こちらのイベントに何度も参加させていただきました。
今もその楽しかった思い出を懐かしそうに話してくれることがあります。
この場所が、たくさんの素敵な出会いや思い出の場となることでしょう。
素敵な若い方たちから学ばせていただけて、いつもいつも心から感謝です。
こんな出会いにも、心から感謝です。
奥出雲多根自然博物館については、奥出雲だよりでも詳しく紹介されています。
玄米を美味しく・・・の炊き方
身体においしい玄米




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク