焼畑カブのぬか漬けが届きました。




えっちゃんが餅の配達に来てくださいました。
糠やりんごやいろいろなお土産を持ってきてくださったのですが、
焼畑のやり方で山を焼いて栽培されたカブのぬか漬けも持ってきてくださいました。
以前、私が「もらうなら、カブはぬか漬けがいいねー」と言ったものですからぬか漬けを頂くようになりました。
えっちゃんいわく、「いやー、ぬか漬けがうまいね。良かったわー」でした。
ほんとに美味しいんです。
今年のは、こんなんです。
まだ少ししよっぱいということでしたので、今日、頂いた糠で漬けなおしました。
我が家の津田カブ、塩漬けがしょっぱすぎたので糠で漬けなおしていました。ちょうど良い味になっていました。
カブ漬けの盛り合わせ。
糠漬けから摂取できる植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌の10倍もの腸内生存率を誇る。 動物性乳酸菌のほとんどは胃酸で死滅してしまうがぬか漬けに含まれる乳酸菌は腸まで届いて整腸作用に有効に働く・・・・とウィキペディアに記載されていました。
糠も大事です。
えっちゃんの糠は、変な臭いがしません。
よく体験するのですが、薬品臭さのある糠があります。炒っても何をしてもかなりの臭いがするのです。
これは、農薬のせいではと感じています。私の頂く玄米ではそんな体験をすることはまったくないのですが、農薬を使用したという玄米をいただくと同じ臭いがするのです。
マクロのお友達でそういうことを質問する人が多くいます。
家族はおいしいと言ってたべるけど、私だけ、何か臭くて食べれないの・・・と。
私もマクロ食にしてまるまる6年が経過しました。
玄米を食べ続けて思うことは、食べ続けるほどに元気になるということです。
頻繁に出て困っていた口内炎もまったくでなくなりました。ちょっと口内を噛んで傷がついても口内炎になることはありません。以前は、すぐに口内炎になり、一か月ぐらいしないと治りませんでした。
手にあったシミがきれいに消えました。
体重が10Kg減りました。
夫の場合は、
腸過敏症が玄米を食べている限り、症状がでません。
以前は、赤玉を一か月に2箱は使っていました。
体重が7Kg減りました。
玄米に含まれるビタミン類も良いのでしょう。
口内炎はビタミンBの摂取量が増えたお蔭と思います。
最近、酵素のことが気になっているのですが、私はこうして糠漬け、手作り味噌、お気に入りお醤油から植物性酵素を日常的に摂取できるので、まあいいかというかんじです。
お肉やお魚を日常的に食べる人は、生野菜を食べたり、大根おろしを食べたりする必要があると思います。
この頃は、発酵もしていないお味噌やお醤油が安売りで販売されています。
安いからと言っても、こんな商品は買うのは止めて欲しいものです。
腸を元気にしておくことが、一番の健康法です。
アトピーの方の腸は、カチカチの場合がほとんどです。
そして、便秘がち。
多糖体にかわる食品をとって、腸の善玉菌にえさになる糖を届けて腸を活性化させて免疫力を高めましょう。
寒さに向かう今こそ、免疫力を高めて風邪などひかないようにしたいものです。
今日の、お昼は焼きおにぎりにしてみました。

三角おにぎりには、ゆず味噌、丸おにぎりには、生姜のしょうゆ漬けを塗って焼きました。
白カブを油揚げで炊いてみました。
昨日がクリスマス料理でごちそうすぎたので、やっぱり本来の田舎料理が欲しくなりました。
ときどきは、おしゃれなお料理もいいのですが・・・・日常的にいただくには、こんなのが私の体には美味しいですね。
この他に、大根とヒラタケと人参のお煮しめもしてみました。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク