花粉症・・完治??




今日、久しぶりにお友達が玄米を購入に来てくれた。
お昼を一緒に食べたり、ゆっくりとお話して帰って行ったのだけれど
その中で、「今年は全く花粉症の症状がでなかったのよ」との事。
そう言えば私もそうだと思い、「今年は花粉が飛んでいないんじゃないの」と問い返すと、「ううん、今年も凄いのよ」と言う。
5年3ヶ月玄米食のマクロビオティック食を続けてきて、体質がここに来て変わったのかなと二人で「凄いことね。良かったじゃない」と喜び合いました。
彼女は、ご飯だけ玄米にしてそう厳密にマクロビオティック食をしている訳ではない。
それでも、こんなに結果として現れるのだから、玄米が凄いのだと思う。
マクロビオティック食ではないけれど、玄米を食べるようになって体重が15kgぐらい減った人。
糖尿病と言われ検査数値が悪かったのに、玄米を食べて一週間で数値が改善した人。
玄米って、ほんとうに凄いと思う。
桜沢先生や久司先生の教えでは、陰陽を知って、それを食に生かすと人生が変わるほどの凄さがあると言われている。
実際、マクロビオティックを実践していくと、それが分かってくるし、いろいろな面白い体験も増えていく。
とても、興味深いし、面白く楽しい。
学び半ばでは、中途半端な知識のせいで、あれもダメ、これもダメと制約されてしまったり、偏ったのめり込み方をしたりしてしまうので、注意も必要かも知れない。
それにしても、花粉症の症状が出ない今年・・・・有難い!!
夫の喘息治まった。腸過敏症も玄米を食べている限りその症状がでない。
肌に出ていた、白い芯のある湿疹も全く出なくなった。
玄米を食べ続けてきて、気が付いたら、あれも良くなりこれも良くなりという感じで、様々な症状が改善され健康になってきている。
舅や姑の作ってくれる無農薬のお米、野菜、豆類・・・これも大いに貢献してくれている。
ほんとうに感謝。
玄米食べるなら、多少マクロビオティックのことも知って食した方がベストかも知れないけれど、面倒なら、とりあえずおいしい玄米を炊いて食べ続けていたら、自然に副菜も変ってくるだろうし、そうこうしている内に健康が手に入っているかも知れない。
ややこしく、難しく考えないで、健康な玄米を食してみてはどうだろうか。
いろいろ迷っているなら、とにかく実践してみること。
自分の身体で試してみたらいいと思う。
その際には、メンケン反応といういろいろな排泄作用があることを覚えておいて欲しい。
今まで溜め込んだ不要物が身体から排便であったり、汗腺を通して排泄されたときは湿疹もでるけれど、慌てず騒がず自然にまかせて60兆の細胞一個一個がきれいになる日を待てばいいと思う。
私も、何回にも渡ってあちこちに湿疹がでたりしたのだけれど、1、2ヵ月もすると知らないうちにきれいになっていた。
こんなに安上がりで簡単な体質改善があることを、もっと多くの方たちに知って欲しいものです。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク