山椒のすりこぎ棒




★地元産の山椒の木で作りました★ 元気なすりこぎ棒」を作ってくださっているEさん宅を訪れました。
数が少なかったので、すぐに完売してしまいました。
私も使用していますが、とても使い安く、やさしい気持ちで
食材をすることができます。
作り手の思いが伝わるのでしょうか。
いい物を手に入れたという満足感がありました。

裏山の山椒の木です。それを8月頃に剪定します。剪定した木を
十分に乾燥させてから作ります。
8月を過ぎると、山椒の木の皮がむけてしまうそうです。
そうなる前に切って乾燥させることが、まず第一とか。
前回販売のものは、2年間乾燥させた木で作ってくださったものでした。
今は、製品になってしまえば、どこの国のどんな環境の材料かさえわからない時代です。
この材料は、正真正銘、Eさん宅の裏山のものです。
この木以外にも山椒の木がたくさんありました。
連れて行っていただいた、その裏山は、手入れが行き届き、きれいに
整備され、環境もいい形で保持されていました。
取り残しのふきのとうが一輪、その回りには野カンゾウがいっぱい芽をだしていました。
「この野カンゾウおいしいんですよね」と私が言うと、「このニンニクですか。広がってしまってように困っちょうますが」とおっしゃいます。
私が味噌和えで食べていることをお話すると、「そういや、昔ばあさんが味噌汁にねぎの代わりに入れちょうましたわ。味噌和えも食べたことがありますわ」と純粋な出雲弁で答えてくださいました。
やはり、昔の人は食べていたんですね。
でも、今は始末しようとして困っているとのこと。
「野菜市にでていましたよ。出荷してはどうですか」と言っておきました。
「こんな物が売れますか」と興味を持たれたようでした。
野菜市で、探している人がいた事も伝えておきました。
これでまた一つ環境が守られる材料となればいいですが・・・。
「まあ、お茶でも飲んで話していってください」とのお言葉に甘えて
自宅に伺うと、奥様がこんなご馳走をして待っていてくださいました。

一見すると、かき餅かと思うほどです。私もえらくふわっとした
おいしそうなかき餅と勘違いしました。
自然薯を蒸してつぶし、むかごを入れたものだとの説明を受け感動!!
すごい、田舎の人って自宅で栽培し、収穫した野菜で
なんとじょうずにお料理するのでしょう・・・・
味付けが「塩、砂糖、味の素」だそうで、チョッと残念でした。
私も味付けだけアレンジして、挑戦してみようと思いました。
こんな材料で作ったもの、まさに料亭のお料理ですよね。

たくあん漬けとふきの味噌漬け。ふきは、春塩漬けしておいたものを、
塩抜き(塩出し)して、味噌に漬けたものだそうです。
おいしいお漬物たちでした。

里芋のぬたです。里芋を茹で、味噌とねぎを山椒のすりごぎ棒で
すり合わせ混ぜたもの。
自然の味で、ほんとうにおいしくできていました。
奥様は薄味がお好きだそうですが、Eさんがお砂糖が入っていないと
おいしくないとおっしゃるそうです。
もっと、自然の味付けでしてみてはいかがでしょうかと、お話しました。
興味を持ってくださいましたが、実践してくださるといいですね。
いつもながら、感謝の素敵な出会いでした。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク