水仙とムスカリ




仕事場の前の家にある桜が満開を少し過ぎて、それでもきれいに咲き誇っています。
やはり、日本の春は桜からでしょうか。
あっという間に盛りを過ぎるため、そのはかなさもまた愛おしさに
つながるのでしょう。
桜よりも前から咲いていた水仙の花がムスカリをバックに
良いバランスで、長い間咲き続けています。

この色の取り合わせ、私は大好きです。
水仙には毒があって、よくニラと間違ってしまうそうです。
時々、中毒になる人がいるとか。
ニラと水仙の違いは、
水仙には、ニラのような臭いがないことと、水仙は球根で、
ニラはヒゲ根であることだそうです。
私も山菜を採るときには、潰したりして臭いをかぐことにしています。
セリもよく似た植物があって、それには毒があるそうです。
セリの臭いも強いので、必ずそうすることにしています。
お料理の付け合せにも花や葉っぱを使うことが多いのですが、
十分注意したいものです。
ぶっそうな話になってしまいました。
待ち遠しかった春なのに、今年は花冷えが強く、しみいるようです。
その分、桜がいつまでもきれいですが・・・。
今年も元気に春を迎えられたことに感謝です。
寒暖の気温差に体がついていかない日もありますが、
青物の葉野菜を十分にとって、酢味のものもいただきましょう。
春は、肝臓や胆のうの臓器が活発になります。
冬に溜め込んだ脂肪、塩分などを解毒するようなお料理をして、
体を整えていくようにします。
山菜などが含むアクが解毒を助けます。
排泄だからといって、多くとりすぎるとお腹を下したりすることも
あります。
考慮しながら、家族の健康に気を使うようにしたいものです。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク