かりんとうを作ってみました。




先日、東京の方のお土産で、かりんとうを頂きました。
それが、とってもおいしかったんです。
頂いたのは、「きび砂糖」、「きんぴらごぼう」、「ねぎみそ」のかりんとうでした。

きんぴらごぼうやねぎみその味のかりんとうなんて、想像できない味でしたので、興味津々で頂きました。
なんと、これがかりんとうの味として不自然ではないのに驚きました。
これって、なかなかいけるんじゃないと、また、私の好奇心がウズウズ。
早速、商品に入っていた商品のしおりを頼りにネットではお店を検索 [:モグモグ:]
その名は「日本橋 錦豊琳(NIHONNBASHI NISHIKIHORIN)」さん。
他にも食べてみたいかりんとうがいっぱい並んでいたのですが、
残念ながら、店頭販売のみで完売のため、ネット販売はできないとのこと・・・[:ポロリ:]
ひっとぱしり東京までかりんと買いなんて、無理なお話。
ならば、作ってみるしかないかな・・・・と私のオリジナルを作ってみました。

初めての味付けだったので、ちょっと甘めにできましたが、おいしくできました。
次はもっとおいしく作れそうです。次回は、ちゃんとしたレシピもご紹介します。
今回は、蕎麦粉、小麦粉、沢庵漬けと一緒につけていた大根の葉を入れて
糠漬け大根葉入りかりんとう」。
天然酵母がなかったので、ベーキングパウダーを使用し、低温の油でじっくり揚げて、甜菜糖とお醤油でキャラメルを作り、からめました。
夫にも、愛犬にも大好評でしたので、次回はちゃんと作ってレシピを公開します。
いろいろ作ってみたい食材があるので、私なりにまた挑戦してみます。
それにしても、チャーハン用に冷蔵庫にしまっておいた糠漬け大根葉。
ふりかけにしてもおいしいし、ほんとうに重宝します。
かりんとうにしておいしいなら、クッキーにしたらどうでしょうか。
きんぴらごぼうのかりんとうなんて、想像だにしていなかったものの取り合わせに、またお料理の広がりができて、嬉しくなりました。
お料理って、ほんとうに楽しい最高のものですね。
かりんとうをくださった方に、心から感謝です。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク