野菜だけでポトフ




昨日は、仕事で遅い帰宅となりました。
ご飯を炊く時間がなくて・・・・・[:困惑:]
こんなときの強い見方は、レトルト玄米粥(黒米、小豆入り)つぶつぶ発芽玄米もちです。
主食を作ります。
一人前
・レトルト玄米粥 1袋
・つぶつぶ発芽玄米もち 1枚
レトルト玄米粥(黒米、小豆入り)を鍋に移し、温めます。
ふつふつと煮立ってきたら、小口切りにしたつぶつぶ発芽玄米もちを入れます。
お餅がやわらかくなったら出来上がり。
これで主食ができました。
夫の両親からたくさんの無農薬野菜をもらっています。
野菜のポトフを作りました。
4人前
・じゃがいも 中4個
・かぼちゃ 中の1/8
・玉ねぎ 中2個
・人参 1本
・キャベツ 小1/2
・トマト 中1個
・味噌 大さじ2
・塩 好みで適量
・醤油 好みで適量
・生姜の絞り汁 大さじ1
・ローリエ 2枚
? 野菜を切る。
・じゃがいも 皮の土をたわしできれいに洗い、芽のところだけ取り除き、乱切りにします。
・かぼちゃは、一口大に切ります。
・玉ねぎは、くし切りにします。
・人参は、乱切りにします。
・キャベツは、4つ割に切って、手でちぎります。
・トマトもくし切りにします。
? じゃがいも、トマト、玉ねぎ、キャベツ、人参、かぼちゃと切った野菜をお鍋入れ、野菜達がかぶるくらいにお水を鍋肌に沿って、そっと入れます。
? ?の上にお味噌をあめ玉ぐらいにちぎって全体に置きます。
4人分で大さじ2ぐらいです。
ローリエ(月桂樹の葉)、生姜のしぼり汁も入れます。
? 中火にかけ、沸騰してきたら弱火にして野菜がやわらかくなるまで煮込みます。
? 仕上げに塩で味を調え、お醤油をたらたらっとたらして完成です。
これで簡単夕食の完成です。夜もすっかり肌寒くなってきたのでこれぐらいの食事がいいでしょう。
どちらも好評でした。
ポトフもお肉がなくても、野菜だけで十二分なものができます。
トマトの酸味がおいしくて、お代わりしたいほどでした。
とても、メインが味噌味とはわかりません。
野菜も大きめに切ると、豪華でいいかもしれません。
ジャガイモも皮付きで煮込みますが、新じゃがなのでまったく違和感なく
いただけました。
お料理に手間をかけた時間は、20分というところでしょうか(煮込み時間は別)。
忙しいときには、うってつけのお料理でした。
これも、おいしい無農薬のお野菜があればこそですね。
ほんとうに夫の両親には感謝です。
こんなに、地のエネルギーたっぷりのお野菜を作ってもらえるのですから。
さて、昨日はイタリアントマトでトマトピューレを作りました。
違う種類のトマトもたくさんもらっていたので、それでもトマトピューレを作り味比べをすることにしました。
作り方はイタリアントマトと同じです。
トマトの種類はわかりません。
出来上がりです。こちらの方が甘くて、赤色も濃くおいしい気がしました・・・・・が、帰宅してみると大きなねずみにすべて食べられていました [:モグモグ:]
あ~。トマトケチャップの味比べもしたかったのに・・・・。
まあ、今週末も沢山のトマトができていることでしょうから、来週を楽しみにしましょう。
それより、美味しいすぎて・・・食べ尽くしてもらえることに感謝しなくては ♪
トマトも路地でできた太陽の光をいっぱい浴びたものは、味も香もすべて違います。
食べた瞬間から元気になりそうです。
陰性だの陽性だの関係なく、思わず自然に感謝しています。
古民家では、こんな食材も使って、いろんな人達に食べて頂きたいものです。
頑張らなくては・・・・と思った昨晩でした。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク