モッフルはいかが。




テレビ朝日系で毎週月〜金の午前8時00分から放送されているワイドショー「スーパーモーニング」で、今朝、モッフルのことがとりあげられていました。
白いお餅でつくっていました。
このブログでも紹介したこともありますが、奥出雲食房の
つぶつぶ発芽玄米もち」でも、早速モッフルを作ってみました。

奥出雲食房の玄米餅は真空パックですが、生餅に近いので冷蔵保存しています。

ワッフル器に乗せて焼きます。

焼きあがったモッフルです。

マクロビオティックと出会い、このお餅を作ってもらうことになり、
このお餅を売るために奥出雲食房というHPを立ち上げたのですが、
こんなに広がっていくとは、当初は思ってもいませんでした。
このお餅は、私の原点でもあります。
当初の私の夢は、このモッフルでマクロのバーガーを作ることでした。
マックみたいなお店が世界中とはいわないまでも、アジアで出来ないかな
と思ったものです。
この玄米餅、いろんな食べ方があって、ほんとうにおいしいと評判です。
久司先生も食べて誉めてくださいました。
仁多米のもち米で、餅作り30年のベテランが作ったものだからでしょうか。
いろんな食材を挟んで、食事がわりでも、甘党のおやつでもいけるんです。
朝の忙しいときなど、出来上がったお味噌汁に入れて2、3分待てば柔らかく
いただけます。
焼いて善ざいに入れても、ほんとうに美味しいんです。
オーブントースターで焼いて、さっと白湯にとおした後、
きなこ、ごまにまぶすとおやつになります。
お味噌をつけて、オーブントースターで焼いても朝食のパンがわりに
なります。
私はこれで甘酒を作ります。もち米で作った甘酒はおいしいと言うことを
聞いてつくったのですが、簡単でほんとうに甘い甘い甘酒ができました。
このお餅を煮溶かして、75℃以下になったところに麹を入れ、水を足して
炊飯器へいれます。
保温状態で一晩寝かせれば、朝には甘い甘酒のできあがりです。
甘酒を使ったスイーツも最高ですよね。
冷凍保存もできるので、置いておくととっても重宝です。
テレビで取り扱ってくれたモッフル。
腹持ちもいいし、健康にもいいし、
たくさんの人に知ってもらって食べてもらいたいものです。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク