今年も田植えが済みました。




[:おてんき:] 奥出雲町では、今年も無事田植えが済みました。
「奥出雲食房のお米」の田んぼも、

「横田のおいしい仁多米」の田んぼも

今年もお米づくりのスタートです。
これから、草取りが大変です。
「えっちゃんの日本一のお米」の田んぼも無事田植えが終わったようです。
先日、えっちゃんが来てくださいました。今年は、どんなお米ができるか、また、楽しみです。
今年は、「米・食味鑑定士コンクール」が奥出雲町で開催されます。
西日本での開催は、初めて。また、郡部での開催も初めて。
11月が楽しみです。
えっちゃんと我家の家族と一緒にお食事をしながら、農業、地球環境、
生き方など、ほんとうにいろいろ深いお話ができて最高でした。
えっちゃんの生き方や考え方には、いつも感動します。
たくさんの楽しいお話をいっぱいして、私達家族に温かい何かを残して
「いい泥落としができたわ」と言って、帰っていかれました。
「泥落とし」というのは、田植えが終わった後の慰労の休日、または、慰労会のことです。
農家では、春から一生懸命泥を扱っての作業が一段落します。
今年は水不足が心配ですが、良い稲ができるよう皆さんほんとうに頑張って
いらっしゃいます。
おいおい生育の様子をこのブログで紹介していきます。
横田の我家の田んぼの横の畑では、さやえんどうがたわわに実っています。
さやえんどうの花って、とっても愛らしく、色合いがすてきです。

姑が丹精込めて作ってくれます。
キャベツも朝晩虫取りをして、農薬は一切使用しません。
ナメクジがいることもありますが、ほんとうにありがたいことだと
心から感謝です。
キャベツは、おいしい葉っぱなので、出荷されているものは葉っぱ一枚一枚巻くごとに農薬散布するそうです。
虫のいない葉野菜には、ご注意を。
クシマクロビオティック食を始めて2年半が過ぎました。
ほんとうに元気になった今、マクロビオティック食って本物と実感しています。
体重も11Kg減量し、40歳の頃の体調のような気がします。
久司先生、偕子夫人にも心から感謝です。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク