夫の喘息悪化




[:病院:] 夫の喘息がどんどん悪化し、とうとう病院に行きました。
蓮根湯、蓮根プラスタ、 生姜シップと頑張ってきましたが、
相当咳き込んで苦しくなって、おっつかなくなりました。
お医者さまから「喘息の発作状態ですよ。6年ぶりに来ていますが、その間どうしていましたか?」と聞かれたそうです。
6年間無事だったのが不思議だったようです。
たっぷりのお薬(もちろんステロイドも入っていました)を頂きました。
民間療法も続けながら、病院の治療を受けることになりました。
6年前は 4月26日に病院に行っているそうで、夫の喘息は春型のようです。
知人に秋型の人がいて、毎年10月の同じ日かそれに近い日に行っているそうです。
今年は、黄砂がひどかったのでその影響ではないかなと思っています。
ちょうど黄砂のひどかった日の後ぐらいから、ほんとうにひどい状態に
なりましたから・・・。
山陰は中国大陸に近いので海でも大気でも、大陸のものが運ばれてきます。
中国の環境破壊は相当ひどいようで、揚子江の「ヨウスコウカワイルカ」は
昨年末とうとう絶滅したことが確認されましたね。
30数年前、東京にいるときに光化学スモッグ警報が出され、川崎の方はいつも空が曇った状態でしたが、中国が今まさにそんな状況かそれ以上に悪い環境を作り出しているんですね。
私達は、いったい何を求めているんでしょう。
ほんとうの幸せは、何気ない日常であり、穏やかな心であり、
今ここにあるのに・・・・と思います。
夫の悪化した喘息が少しでも楽になるように、マクロビオティックの知識と
お医者様のお力をお借りして頑張ってみます。
私の幸せも夫あってのものですから、早く良くなって欲しいものです。
マクロビオティック食を始めて、2年半になりましたが体重が10KG以上減って、
最近は40歳台の頃の体調のように感じます。
ほんとうに良く動けるようになりました。
「ヨイショ」とか「ああ、たいぎ」という言葉が出なくなりました。
今日も一日、元気に過ごせたことに心から感謝です。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク