葉わさびの粕漬け




GW に横田に帰り、昨年舅が植えてくれた葉わさびの山に行ってきました。
山の谷にきれいな少しの水が流れ、そこには葉わさびがしっかりと根付いて
いました。
収穫には、少し遅すぎましたが大きな葉っぱのわさびができていて
感激し、採って帰りました。
すぐにきれいな間歩の水で洗って塩漬けにしました。
若い柔らかい葉わさびは、さっと熱湯をくぐらせれば鼻を突き抜けるような
カラミがでておいしいのですが、時期を過ぎて硬くなった葉わさびは
塩漬けにしないとカラミがでません。
10%の塩を混ぜて一晩塩漬けし、今回は醤油漬けと粕漬けにしました。
醤油漬けは塩抜きのときにカラミもぬけてしまい、ほんとうの漬物風に
なってしまいましたが、粕漬けは好評でした。

今年の GW は、お客様も少しありましたが、味噌作りやら家の片付けやらと
用事を片付ける事ができました。
味噌作りは、もっと早く農作業が始まる前にするといいのですが、今年は姑が
3月に白内障の手術をしたために、作る時期が遅くなってしまいました。
でも、姑に教わって麹のいいのができたので、おいしく仕上がるといいのですが・・・。
今も元気でいる義母から、いろいろ習う事ができることに心から感謝です。
まだまだ一杯習っておきたいものがあるので、いつまでも元気でいて欲しいものです。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク