GWの後半、奥出雲町の横田に来てみませんか




4/27~5/6までの間、奥出雲町横田(旧横田町)では、
「横田の町を食べちゃう祭り」(横田大市本町通り歴史の散歩道&あじわいわいロード)が開催されています。
私も 4/28 には参加させていただきました。
えっちゃんの日本一のお米の玄米おにぎりを売りましたが、
お蔭様で完売しました。
隣の蔵では、地元の織物作家 和田瑞江さんの作品と地元の陶芸作家の陶器、
島根デザイン専門学校の生徒さんの陶芸作品が販売されて盛況を得ていました。
陶器は、ステキな作品がとても安くて驚きました。
織物作品は手の込んだ作品ばかりで、私は手作りの下駄が気に入りました。
この蔵の前では、大きな虎の彫り物が復活のため、島根デザイン専門学校の
学生さんたちの手で修復されていました。
回りでは子供たちが修復を待ちわびていて、目をキラキラさせて楽しみにしている
様子でした。
町の中では、「横田めぐみさんの写真展」が開催されています。
めぐみさんの日本での幸せそうな成長記録が展示されていました。
幸せそうなめぐみさんの笑顔が一層悲しみを誘います。
米子市で拉致された松本京子さんの写真も一緒に展示されています。
これらの写真はどこにでも簡単に貸し出しされないそうですので、
この機会に是非見てもらいたいと思いました。
いろいろなお店がありますが、地元の方が作られた煮しめ、おはぎ、お餅などなど
が販売されていて、とってもおいしそうです。
福屋旅館では、「山菜弁当」が食べれます。
すごーく人気ですぐに完売のようです。
たらのてんぷら、田セリのひたしなどがきれいに盛られています。
教会の中ではコンサートが開かれていました。中の座席もあるのですが、立ち見の人が多かったようです。
飯田旅館では、笹寿司が販売されていますが、これもすぐに完売のようです。
大黒屋魚店焼さばもおいしくて有名です。テレビに出たこともあります。
旧松葉屋本店でも噂の生どらが販売されています。
えびね欄のえびね展も開催されています。山野草の好きなかたにはたまらないでしょうね。
近くの安楽寺は、町民おすすめの展望台になっています。
国道314号沿いのお蕎麦屋さんもそれぞれおいしいお蕎麦を販売されているようです。
横田そば連絡会のお勧めメニューは、
一風庵・・4/28~5/6の期間限定で「こごみ山菜そば」(0854-52-9870)
あさひ亭・・・山かけそば(0854-52-1714)
山県そば・・・5/3限り、「横田小そば」を使った釜あげそば、割り子そば(0854-52-1149)
八川そば・・・山菜風味の各種献立(0854-52-1513)
玄庵・・・おろしそば(0854-52-0437)
そろばんと工芸の館・・・5/3・4のみ 木屋谷グループ
横田だんだん市場・・・5/3~6 小八川いきいきグループ
また、
そろばんと工芸の館では、工芸品の展示即売、
大岩屋では、5/4のみ「地酒の試飲会」
松葉屋では、「豆乳ドラ、よもぎドラ」の2割引きセール
東條工芸では、春の大屋久杉まつり
などなどが開催されています。
駅前の焚き菜では、マクロビオティックのランチも始まりました。
足を伸ばして道の駅「奥出雲おろちループ」に行っても、おもしろい催しが
待っているようです。
新緑いっぱいの奥出雲町横田に来て、春のエネルギーをいっぱい吸って元気に
なって帰ってくだされば幸いです。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク