食の欧米化について




先日テレビ番組で20代女性の乳がんが多発しはじめていることを
報じていました。
ちまたでは、お笑いで「欧米化!」と言って笑いをとっているコンビも
あるようですが、良い面、悪い面があるんですよね。
食事の欧米化が原因による乳がん、子宮の病気(子宮内膜症、子宮筋腫、
子宮がん)などが、ここにきて増加の一途をたどっているようです。
結婚前に乳房や子宮を失うことは、ほんとうに身体はもちろん
心もどれだけ痛めることか。
20代の娘を持つ親として女として、私の心も引き裂かれそうです。
昨年11月の「久司道夫講演会 in 奥出雲」でも久司先生がいろいろな統計資料を元にそのお話しをされていましたが、テレビでも報じられるほど
ひどい状況になりつつあるようです。
私も以前は、耳あかがいつも湿っていました。耳かきをするたびベトベトしたものしかでてきませんでした。
それが、マクロビオティック食にしてからカサカサした乾いた耳あかになってきました。
さらに、年老いたら耳が遠くなるだろうなと思うほど、聞こえにくく感じる日もありましたが、今はそんな心配をすることもなく良く聞こえるようになった気がしています。
私の身体の中では、アチコチでこんな変化がおきていることと思います。
私の子供達も滲出性中耳炎になったり、アレルギー性鼻炎と言われたり
していましたが、きっと我が家の食事の「欧米化!」によるものだったのでしょう。
食べるものにはほんとうに気をつけてきたつもりでしたが、
十分ではなく、子供達には申し訳ないことをしてしまいました。
今日も57歳にして脳梗塞になっている夫の友人が来られてお話しをしました。
何とか玄米食にはされたようですが、お肉、魚はへらせてもチーズがおいしいのだそうです。
近いうちにマクロビオティックのおしゃれなお料理も紹介したり、ご馳走しようと思っています。幸い、奥様がマクロビオティックにがぜん興味をもってくださったとのことで、是非お役に立てたらと願っています。
戦後の欧米化、私たちは、欧米化の前の日本の良い面をもう一度しっかり
学び直すときにきているのかも知れません。
元気な田舎の老人から、今のうちに学べる事をしっかり教えてもらうことでしょうか。
私も、舅、姑から多くを学んでいますが、ほんとうに感謝しなくてはと
改めて感じます。
これからは、3人に1人が乳がんや子宮がんになると予想されているそうです。
もっと、もっと、マクロビオティックだけにこだわらず、日本の伝統食が見直されて広まっていきますように・・・。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク