白内障について

[:犬:] 我家の愛犬ハッピーは白内障だったのですが、黒米入り玄米を
食べて2ヶ月ぐらいで、真っ黒な可愛い目を取り戻しました。
姑も白内障で目がかすむようになりました。
黒米入り玄米を食べれば良くなるかもしれないのですが・・・・(試してみたかったですね・・・笑)。
おいしい仁多米の白いご飯を食べつづけてきた人に、今さら82歳という歳になって
玄米をどうぞとは言えず、手術をすることになりました。
最近の手術は簡単で日帰りでできると聞いていたのですが、高齢であることと、
14年前に大手術をしている身体であることででしょうかお泊り手術になりました。
日を空けて両目をすることになるので、3月は姑にとっては大変な負担になるかと
心配ですが、目が見えないのはほんとうに不自由なので無事早く終わればと願っています。
私も若いときから、目と歯だけはとっても良かったのですが、目が遠視(・・・要するに老眼)になって、いろいろ不都合が生じるようになりました。
見えるのですが、字が読み取れないのです。
これまで想像もしていなかったことなので、受け入れがたいものがあります。
年齢を経て見えるようになったことも多くありますが、実際に物理的に目の前の
文字が読み取れなくなるということは不自由なことです。
黒米を食べていると、かすんだりすることは少なくなりました。
黒米は陰陽的には、春なのでどうかなと気にはなりますが
おかずとの調整で食べています。
いろいろ、私の身体で実験です。
愛犬ハッピーも実験台になっています。
毎日元気に過ごす、それの積み重ねが老いても健康に過ごせることと
信じています。
今の生き方が、10年後、20年後の自分を作っていくことと信じます。
だからこそ、今を大切に、今の食事を大切に、日々生きていきたいものです。
玄米だけは良いものを取り込んで・・・・。
今日もおいしい仁多米の安心安全玄米が食べれることに、心から感謝です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク