喘息には蓮根




最近になって、また主人の喘息調の咳が出るようになり、いつも送って頂く
鈴木農園さんに蓮根を注文しました。
夫の喘息のことをご存知なので、節蓮根もいつも多く入れてくださったり
して感謝しています。
早速、節蓮根だけをすべてすりおろしてしぼった汁と同量の水を足し、
本葛粉を加えてビンにいれて冷蔵庫で保存しました。
毎日、それを小鍋にいれてトロトロに煮溶かして、最後に甜菜糖
(塩、醤油でも良い)を少し入れて飲んでいます。
咳は、すぐにおさまりました。
鼻詰りがきついのですが、それは、なかなか頑固!!!
20年以上、日に何杯ものコーヒーにミルク(小容器に小分けされた通称「コーヒーフレッシュ」。原材料は、植物油に水を混ぜ乳化剤などの添加物で白く濁らせ、ミルク風に仕立てたもの)を入れて飲みつづけていました。
「コーヒーフレッシュ」なら安全なような気がしていました。
あさはかな恐ろしいことをしていたものです。
排泄にも、相当時間がかかるのでしょうが、毎日、つらそうな鼻詰りを
見ると、こちらも苦しくなってきます。
蓮根プラスターがいいことは知っていましたが、以前、小麦粉を混ぜないで
そのまま貼り付けて大変な状況になって以来、プラスターはやっていませんでした。
先日から、蓮根をすって小麦粉を混ぜ、鼻から眉間に貼って寝ています。
昨日が4日目でしたが、まだ何の変化もありません。
蓮根プラスターを貼って 3日目に石状のものが出てきたという方がありましたので
頑張ってみます。
1ヶ月ぐらい続けるつもりで頑張ってみようと思っています。
変化については、またこのブログで紹介しますね。
私の方は、最近花粉症のような症状がほんの少しですが出てきました。
横田から杉の葉をとってきて、煎じて飲まなくてはと思っています。
私も、私の姉(10年以上も鼻スプレーの薬を使用していました)も
それですぐに治りました。姉は再発していません。
私は再発したのですが、杉の葉を煎じたものが効かなくなりました。
もしかしたら、杉ではなく檜かもしれません。
これは、医心方を書かれた槙佐知子さんのお話をラジオで聞いて実践しました。
また、結果もこのブログで紹介します。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク