我が家の脱穀がすみました。




9月20日頃から昨日まで、とっても良い天気が続き、横田の我が家の完全無農薬のお米の脱穀が9月30日に済みました。除草剤なし、農薬散布なしのお米です。85歳の義父が農作業をぜーんぶやりました。私の提案で、ぜーんぶ手伝うはずでしたが、松江から横田の我が家に帰ると、義父が朝早くからどの作業もすませていました。いい加減な嫁ですよね。(苦笑)
お米になるのはもう少し先になります。食味度をチェックして、販売にこぎつけれたらと思っています。値段は、850円/Kgぐらいにしたいと思います。その時は、よろしくお願いします。
いい感じに乾きました。手前は、畦づくりの小豆です。手より小豆でご紹介する予定です。お楽しみに。
脱穀がおわって、稲わらをかたづけているところです。近所のいつもお手伝いくださる方と一緒に作業をしているのは義父(手前)です。
一昨年、枝打ち作業で5~6mの木から落下し首の骨を折った義父ですが、奇跡的に助かりました。今年は元気に復活し、また山にも行って低いところで枝打ちを再開しているようです。家族は、反対ですが好きな事なのでどうすることもできません。お米作りも、広い田んぼはお願いして作ってもらっていますが、家の前のこの田んぼは、自分の手で作れてとても嬉しそうでした。稲はでもお米を干すだけでなく、稲が済んだら大豆、小豆を干します。大豆も小豆ももちろん無農薬です。
働く事は何より大好きな義父です。いろいろな事を教わりながら、これからにつなげていたきたい、伝えていきたい田舎の文化を学んでいきたいと思います。
これからも、どうぞ、奥出雲食房を応援してくださいね。
よろしく、お願い致します。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク