山椒の佃煮ができました




山椒の佃煮ができました。干し椎茸と昆布でだしをとって薄味でつくりました。


今回は、姑の教えてくれた方法(熱湯をさっとかけて、天日干ししてから味付けをする)で作りました。少し硬くなってしまいました。茹でてアク抜きして煮るより、天日干しすることで山椒そのものに甘味というか、まろやかさがでたように思いますが、硬くなりました。昆布や椎茸の佃煮に入れたりして脇役で使いたいと思います。
そして、また奥出雲町に帰ってきたのですが、今度は舅が前回よりもっとたくさんの山椒を収穫していてくれました。

今度は、別の方法で佃煮を作ってみます。また、ブログに載せますので見て下さいね。


山椒ってミカン科の植物なんですね。だから、山椒にさわっている間中、オレンジ石鹸を彷彿とさせる匂いがするんです。おもしろいですね。
山椒石鹸、肌がきれいになるなら作ってみたいものです。
今回の山椒は、前回のものより、若くてきれいなので加工するのが楽しみです。
ここだけの内緒の話ですが、つぶつぶ発芽玄米餅をご注文くださった方には(クール便での発送なので)、プレゼントで入れておきます。
いつもながら、山の幸にこころから感謝です。
梅は、来週収穫して梅干漬けにします。今年は、春が寒かったせいですべて収穫が遅れています。山椒もそうでした。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク