法事が済みました




[:家:]17日に夫の祖父の33回忌、祖母の50回忌の法要がありました。長男の嫁なので、一応のことはしてきました。
義父の弟2名、妹1名の4人兄弟が久しぶりに揃って和やかな法事ができました。
準備等々はほんとうに大変だけれど、こんな機会って大切だなと感じました。
法要の後は、皆、嬉しそうに歓談してくださいましたが、農業の話もたくさん出てきて、とても参考になりました。4人とも、それぞれ農家なので、盛り沢山の話でした。無農薬の米作りがどれほど大変かも教えてもらいました。また、米作りで参考になる話をいろいろ聴くことができました。感謝です。
70、80歳を過ぎても現役で働ける仕事って、ほんとうにすごいですね。義父もそうですが、4人とも若い頃はお勤めをしながら農業をしていた人達です。一仕事すんで農業に専念しているのですが、皆、頭はすっきりしているし元気です。病気を抱え込んでいる人もいますが、それでも農業という仕事には携わっているんです。
大地に立ってお天道様の力を受けながら生きている人達って、食べ物だけからでは受けられないすごいエネルギーをもらっているのでしょうね。


[:本:]法要の後、お寺の住職がいろいろなお話をしてくださいました。お話の中でマクロビオティックの話もでたのですが、関連してアトピーのことも話題になりました。お嬢さんがアトピーで大変なときがあったそうです。友人の紹介で岡山県のあるお医者様を訪ねたそうです。
「身につける衣服類をすべて木綿に変えなさい。」と木綿の下着等々を指定されたそうです。服についているタグも化繊でできているのですべてはずすように言われたそうです。ブラジャーもすべて木綿に変えたそうです。
今では、きれいに直っているとのことでした。
また、住職は腰痛だったので相談したところ、「ふんどしにしなさい。」と言われたそうです。早速トランクスを「ふんどし」にしたところ腰痛がうそのように消えたそうです。住職は修行時代はふんどしだったそうです。
私は、女なので試すことができませんが、腰痛の方、試してみてはいかがでしょうか。
身に着ける衣服の生地には、気をつけていますがタグまでは思いつきませんでした。娘も衣類には神経質なほど気を使っています。
何でも、できるならば自然の素材、自然の物がいいのですね。
食べ物だけでなく、いろいろなものに目を向けて見ようと改めて思ったしだいです。
おじいさん、おばあさん、いい法要の機会を与えてくださり、心より感謝です。ありがとうございました。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク