玄米と糖尿病




高校時代からの友人からメールがきました。一部ですが抜粋して紹介します。
『今日は、うれしいお知らせです。
知人に玄米を食べることと、マクロビオテックの料理のことを教えてあげました。
彼女は太っていて、お話したら、ご主人にも食べさせると言いました。
その後、1週間後に、彼女から連絡がありました。ご主人が糖尿病の検査で、すごく数値が下がっていて喜ばれたそうです。
どうも、その前の検査結果がすごく悪かったらしく落ち込んでおられたそうです。
それで、自分より主人に食べさせると言っていたのだと思いました。

血糖値もコレステロール値もお医者様がびっくりするほど減っていたそうです。
結果、私が感謝されてしまいました。これもあなたのおかげです。ありがとう。』

玄米ってすごいですね。
マクロビオティックの料理教室に通って勉強中の私ですが、先生は「良いお米を食べてくださいね。」とおっしゃいます。
皆さんもどうぞ、力のある環境の整った場所のお米を食べてくださいね。
私たちも、頑張りますので、応援よろしくお願い致します。


今日は朝から体調が悪く、困っています。
お腹は下り、体の節々が痛く、熱っぽいのです。風邪とは違うような感じです。
5月28日に実家の母の法事があり、久しぶりに出されたご馳走の山を思いっきり食べたせいかもしれません。前日から兄弟姉妹で温泉宿に泊まり、そこでも山菜中心とはいえ、おいしいものをいっぱい食べてしまいました。
どうしたら、いいのでしょう。
しばらく標準食を一食の生活にしてみます。おかずは、切干大根や椎茸で、梅しょう葛を飲んでみます。
スタッフ Sonoko がいると詳しいのですが。
久しぶりのしゃばのご馳走に、いじきたなくなった自分におおいに反省です。
良い体験になりました。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク