マクロビオティックとわたしのこと その2




さてさて、前回の続きです。
前回お話したような小さななやみ
(とはいえ本人にはどれを取っても重要でしたが…)が減ると、
わたしは、今の自分の位置にとどまらずに夢をかなえようとか、
もっと地球環境のことも考えようとか、周りに気を遣おうとか…
より大きな視野でものごとを考えられるようになりました[:おはな:]
そして、今までは信じられなかった人生のさまざまなつながり、
命のつながり、感謝の心、自分はなぜ生まれ、
どういう使命を持って生きるべきか…ということについて
考察する余裕も出てきたのです。
都会で高い有機野菜を買って、健康になりたい!だなんて…
世界には飢えた人たちもいるのに、
マクロビオティックってタダの贅沢じゃないのかなぁ、と
思っていたころもありました。
でも、体が健康になって、頭がすっきりとしてくるうちに、
より自然な食事で健康にまっすぐに生きることって、
1日でも長く生きたいとか、病気になりたくない、とか…
そんな、ちっぽけな、自己中心的なものじゃないんだなぁ。

ってことが、頭だけでなく、体と心にしみわたってきたのです。
いま、地球は良くない状態になっている。
だから自分は健康を損ねている。[:しょんぼり:]
地球を良くするには、日本を良くするには、家族を良くするには…
まず自分を少しでも良くして、周りを助けていかなければ
いけないんだなぁ。

そんな気持ちが生まれてきたのです。
今は【奥出雲食房】の関係で、
環境のために、地域のために、無農薬で農産物を作ろう、という方々にも
出会わせていただき、そういった方々の考え方や人柄に触れ、
ますますしみじみと、自然な食のありがたさ、
いのちの大切さ、自分が奥出雲町に縁ある人間として
この時代、地球に、生を受けたことの意味…を考えさせられています。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク